スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断層列島・日本に原発を維持できるのか

NHKサイエンスZERO「シリーズ原発事故(9)原発直下に活断層? ”断層列島”とどう向き合うか」を視聴しました。

日本列島には断層がいたるところに存在します。

その中でも、活動し地震を起こす可能性のある断層を、活断層と呼んでいます。

原発の直下もしくは近傍にも活断層がありますが、これまでの原発の安全審査においては問題ないとされていました。

しかし、東日本大震災以降、断層にかかる応力の方向が変化し、これまで危険度が低いと言われていた断層までもが地震の原因となることがわかってきました。

ところが、断層が活断層(つまり、地震を起こす可能性がある)なのか、そうでないのかを明確に判断することは難しく、原発敷地内では表土を取り去り岩盤を露出させることから、過去の地層の動きを推測することも困難となります。

さらにこれまでは、離れた活断層同士が連動することはないと考えられていましたが、今は多数の活断層が連動し、巨大地震を引き起こす可能性も指摘されています。

私も以前から危惧していますが、まさに断層列島・地震列島である日本において、原発のような巨大で精巧でひとたび事故を起こせば大惨事となる施設を長期的に維持することは可能なのでしょうか?

原子力規制員会には、断層の調査を厳しく行い、(そうすると事実上日本での原発建設は不可能となるように思いますが)無視できないリスクが存在する場合は、原発の新規建設・再稼働を中止していただきたいと考えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

原発懐疑派

Author:原発懐疑派
科学的・論理的に原発の廃止を目指しています。
事情があって一時ブログを閉鎖しましたが、再開します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。