スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水修氏による「遺伝への懸念」がもたらす悲劇(福島民報)

【寄稿】 「遺伝への懸念」がもたらす悲劇(福島民報)
■福島大教授 県民健康管理調査検討委員 清水修
http://megalodon.jp/2013-0817-1906-10/www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/08/post_7886.html

まず、よくある勘違いから。

1、「胎内被曝」と「遺伝する」の勘違い

赤ちゃんがお母さんの胎内にいるときに強い放射線に被曝すると、子どもに障がいが出ることがあります。
これは障がいが「遺伝した」のではなく、赤ちゃんの細胞の遺伝子が放射線によって傷つけられた結果によるものです。
一方、放射線障害が「遺伝する」というのは、親が放射線に被曝し、その後に命を宿した子どもにも何らかの障がいが発生するということです。
しかし実際に現在の福島で障害が遺伝することは無いと言っていいと思います。。
なぜそう言えるかというと、広島・長崎での非常に長期にわたる被爆者調査から、いわゆる被爆二世(被爆者の子どもたち)には遺伝的な影響が確認されていないからです。
福島よりもはるかに外部・内部被曝ともに多かったはずの原爆被爆者たちが、健康な子供たちを生んで育てていったことは忘れないでください。
また、一部の研究者が、広島・長崎の被爆二世たちや、チェルノブイリ事故後に生まれた子供たちに障がいや病気が多いという調査結果を報告していますが、科学者たちの厳しい検証の結果、そういう報告は信憑性が低いことがわかっています。

2、「体の細胞の遺伝子の傷」と「卵子・精子の遺伝子の傷」の勘違い

放射線に被曝すると、遺伝子が傷つきます。
しかし、この「遺伝子」というのが必ず子供に遺伝するわけではありません。
ここが間違いやすいのですが、親の皮膚や筋肉や骨や神経にある遺伝子は、子どもには伝わりません。
親から子どもに伝わる遺伝子は、卵子や精子のなかの遺伝子だけです。
もちろん放射線によって、卵子や精子の遺伝子も傷がつきます。
しかし非常に強い放射線でなければ、その傷は小さく、修復機能により修復されます。
また、傷が大きすぎる場合には、受精後に受精卵の成長が止まり、子どもが生まれてくることはありません。
そして何より、放射線の被曝があろうとなかろうと、私たち全ての人間の遺伝子には病気のもとになる遺伝子がたくさん含まれています。しかし多くの人はそれらの病気を発症することはありません。
したがって、そもそも放射線の少ない現在の福島で、卵子や精子の病気になる部分がたまたま傷つき、修復されることもなく、受精卵の成長も止まらず、しかも子どもに病気や障がいが実際に現れる、という確率がいかに低いか想像できるかと思います。

3、「障がいを持って生まれてくる子ども」と「放射線の影響」の勘違い

いま、福島では障がいや病気を持って生まれてくる子どもがいます。
しかし放射線の影響があってもなくても、一定の確率で障がいや病気を持った子どもたちは生まれてきます。
もし、その割合が、他の地域と比べて明らかに高ければ、それは放射線のせいということができるでしょう。
ですが、障がいや病気を持って生まれてくる子どもたちが、他の地域と比べて特別多いということは確認されていません。
待ちに待ったわが子が生まれたとき、もし障がいや病気をもっていたら、そこに何かの理由を求めるのが自然な感情です。
なぜ?何が悪かったの?自分を責める親御さんも多いと聞きます。
もしそれが福島の人であったなら、放射線にその理由を求める人が多いのも無理はありません。


福島の原発事故により本当に大きな傷を受けたのは、遺伝子というより、被災した方々の心だと思います。
彼らや周囲の人々が「放射能被曝した人は健康な子供を産めない」と思い込んでいるうちは、広島・長崎の被爆者たちが言われない差別を受け続けている悲しい過去を繰り返すでしょう。

そして、このような悲劇的な状況をもたらした原子力発電という方法に頼り続けることの愚かしさを感じます。
スポンサーサイト

12/26のツイートまとめ

genpatsukaigi

ブログを書いていてつくづく思いますが、政治についての話は、科学的にも論理的にもなりませんね。ただの素人の推測にすぎません・・・。でも、今回の自民党の大勝には何か言わずにおられません。
12-26 21:37

新たに文部科学大臣となった下村博文氏が「比嘉照夫氏の地震災害後のEMの活用についての話が興味深かった。EM技術による放射能被曝対策もできるそうだ」http://t.co/CjqD6nQMと書いたEMの実態はこんなものです。http://t.co/MKdqEcFx
12-26 22:44

自民党の原発政策についての、個人的な推測

安倍新政権の閣僚が発表されました。

環境・原子力防災大臣には、石原伸晃氏が決定したようです。

原発に関しては、過去に以下のような発言があります。


石原伸晃氏、テレビで問題発言 福島第1原発を「サティアン」 ― スポニチ Sponichi Annex 社会

(略)

 番組で石原氏は、原発再稼働をめぐり「原子力規制委員会が安全性をきちんと判断し、(原発立地)地域にお願いするプロセスをたどるべきだ」と述べ、安全が確認された原発は再稼働させる必要があると強調した。

 同時に、民主党がまとめた「2030年代に原発ゼロ」の提言に関し「激変はいけない。いつゼロにするという話は非常に無責任だ」と非難した。

[ 2012年9月13日 11:41 ]



つまりは原発推進派です。

しかし自民党自体が原発推進の党であることは、彼らが選挙以前から述べていたことであり、驚くには当たりません。


私が考えるのは、来夏の参議院選挙までに、自民党が原発再稼動をやるのかどうか、ということです。

敦賀原発に続き、東通原発の敷地内にも活断層が存在することが発表され、再稼動は困難となっています。

東通原発「活断層」と判断 規制委専門家評価会合 -MSN産経ニュース

今後、他の原発でも同様の活断層が見つかることが予想されます(ただし、政治が原子力規制委員会に圧力をかけなければ、ですが)。

来夏までに規制委で「再稼動可能」という判断が出る原発は、存在するでしょうか?


自民党にとって、来夏の参院選こそが真のたたかいであり、参院で過半数を持たない彼らは、それを制さなければ思うような政治は行えません。

選挙で国民からの支持を得るには、何より景気を上向かせることが必要です。


現在、日本のエネルギーは火力発電が支えていますが、原発が動いていないため、石炭や天然ガスの輸入量が増加しています。

2012年上半期のLNG(液化天然ガス)の輸入金額は3兆209億円で、昨年と比較して、およそ6000億円増えています。

2012年上半期の日本の貿易赤字が3兆2190億円であったことから、その2割弱をLNGの輸入増だけで説明できてしまうほどです。

LNG輸入金額が半期で初の3兆円台、単価は4年ぶり過去最高 -ガスエネルギー新聞

エネルギー調達にコストがかかれば、電気料金や燃料費の値上げにつながり、国内景気の低迷に拍車をかけることになります。

自民党にとって、景気回復のためには、電力消費の増える夏前には原発を再稼動させ、(目先の)電力コストを下げたい気持ちが強いのではないでしょうか。


一方で、拙速な再稼動は世論の反発を招くことが考えられます。

原子力規制委員会が設置される前に再稼動を決めた大飯原発のようにはいかないでしょう。

再稼動は規制委の判断を尊重して、という建て前がある以上、その判断が下されない限りは再稼動できないはずです。


今後、状況がどう変化していくかは分かりませんが、注目していきたいと考えています。

12/25のツイートまとめ

genpatsukaigi

私もずいぶん叩かれました。 @brainstain38 福島原発事故直後はたくさん脱原発を訴える人がいた。でも段階的脱原発を訴える人を即時脱原発を訴える人は「悪」「東電の手先」と見なす傾向があった。結果的に冷静に脱原発を見ていた人たちを排除したことで、荒々しい人ばかり
12-25 13:43

脱原発派にとって痛恨の極みとなった平成24年衆議院議員総選挙

昨夜のNHK「どうするニッポン 新政権に問う」を拝見しました。

石破幹事長は、自民党が原発再稼働に前向きであること、選挙の勝利によってその原発政策がある程度支持されたという趣旨を語りました。

選挙という民主主義の正統なプロセスで脱原発派が敗れたことは、痛恨の極みです。


今は自民党が「何か良いことをやってくれそう」という漠然とした期待感がありますが、自民の基本政策は経済振興と自助です。

彼らにとって、目先のコストが安い原発はうってつけのエネルギーです。

自民が与党では、原発はまず減ることはないでしょう。


一方で反原発・脱原発派は(世論調査などで過半数の人々が将来の脱原発を志向しているにもかかわらず)、少なくとも政治の世界では「選挙で示された民意と異なる」として軽視される可能性があります。

現在日本で最も多いのは、「将来は脱原発」という穏健的脱原発派です。原発推進派ではありません。
http://www.asahi.com/politics/update/1203/TKY201212030003.html

しかし彼らはいわゆる「物言わぬ多数派(サイレント・マジョリティ)」であり、その多くは投票したいと思う政党がなかったのではないでしょうか。

「声高な少数派(ノイジー・マイノリティ)」である原発推進派と、急進的な反原発派(即時原発ゼロ等)には、投票すべき政党がありました。

しかし、多くの穏健的脱原発派にとって最有力の投票先であるはずの、民主党や未来の党は、原発政策以前に国民の信頼を決定的に失っていました。

結果的に、穏健的脱原発派の多くが自民党へ投票したり、変化を求めて維新へ向かったり、また棄権という選択をしたかもしれません。

私の推測(もしくは負け惜しみ)という面は多々ありますが、おおよそこのような理由で、原発事故後初の総選挙が原発推進党の勝利に終わったのではないかと考えています。


ただ、選挙結果が不正操作されたという一部のネット上の主張はナンセンスです。

大小の選挙違反は当然ありますが、それは一部であって、選挙結果の大勢を左右するような操作はありえません。

各報道による世論調査・出口調査の結果も概ね同じで自民圧勝です。

メディアも全て結託している?それは陰謀論ですね。

最も大きな権力を持つはずの現政権が大惨敗するような、そんな選挙結果の不正操作というのは、それ以上の権力によってなされていると考えるしかありません。

やはり陰謀論の力を借りないと無理ですね。
プロフィール

原発懐疑派

Author:原発懐疑派
科学的・論理的に原発の廃止を目指しています。
事情があって一時ブログを閉鎖しましたが、再開します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。